読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  • ミラー細胞の文法。記号と発声の対応。発声と発火の対応。それらのパターンは言語によって、また文化によって異なり、個人差もまたある。
  • オーダーメイドによって、同じ脳の状態を作り出す本が可能になる。書物を通じて完全な意思疎通が実現する。
  • 舞台となる世界は、脳の各領域と機能との対応が一対一であることが明らかになっている世界。いや、チャンの72文字のようにもっとプリミティブな方法で探索が可能なほうが好ましいか?
  • 骨相学のようなものを持ち出す?
個々人の発火パターンを解析し、それにしたがって本を書く職業が存在する。調律師とでもしておこう。

人間をピアノに例える。ピアノのように単純ではない。しかし複雑なだけのピアノだ。
  1. シンクロ技術の完成
  2. イレギュラーの子供
  3. 明かされる真実? 50枚なのだからいかにもなどんでん返しを目指さなくてもよいのでは?


調律の過程の詳細

調律師は特殊な知覚を帯びる。ことば《遺伝子》によって構成される人体を読み解き、そのなかでことば《言語》がどのように処理されるのかを感覚的に掴む


本の骨だけを交換する時代は幕を閉じ、いまや完全な読解が可能に。


ことばを機能させているのは文脈であり発声器官であり文化的背景である。そうした身体感覚に応じて言葉のほうを変化させることで、感ぜらるる意味を統一するのだ。


遺伝子は遺伝子だけでなく、化学修飾やメソスケールでの操作を経て発現する……図書館があり、身体が収められているが、読める範囲は限られている。そのほうが効率的なのだ。


炎の謂い。書物と炎。これは読むのではなく燃やしてしまうのだ。天空の方々の読書術。


固有構成……物語のかたち


炎を読む


キネティック・ノヴェル。脱臼させて


動的な書物。炎にくべるときに変化があらわれるように。


花火