読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水子供養シリーズ

 思い出さねばならない残された時間は多くないのだ

 うす暗い。青味がかった鼠色の光が満たす。壁に接した小さな机。焦げ茶。鈍く光るニス。屈んだ身体に触れるぬるくしめった空気の塊。首を捻って、流れてくる方向に顔を向けようとする。頚椎の違和感。窓を見る。机と似た風合いの用材で作られた田の字の枠。嵌め殺しのガラス板。半分ほど開いているが、外は満足に見えない。腰掛けていたベッドから立ち上がろうとする。金属疲労のためだろうか、スプリングが軋んで音を立てる。重い窓を押し開きながら顔を出す。三階か四階にいるらしい。眼下の通りを行き交う車の色。合成塗料。小雨が降っている。

 こっちじゃないのか……? ならば……

 窓を背にして、身体の主人が振り返る。背中に数滴の水滴がかかる。ドアへと通じる通路には影が指している。視界は上へ動き、時計が入り込む。白い秒針がひととき見え、すぐに失せる。

時計。

 鍵だ。

 分針の先端に注意。きわめて速く回転している。先端を見ていては文字盤は読めないので、輪郭さえもあやしくなってくるだろう。思いだせ。解凍をはじめろ。

 

 解凍。凍結されていた情報が解き放たれ、こちら側の中枢神経系の中で活動をはじめる。

 ぼくは思い出す。

 

「頭を動かすなよ、最後にもう一度確認事項だ」

 技師の声。かれはぼくの同僚で、

 

 脳には過去に感じられたすべての感覚質の痕跡が残っていて、それらの再生により過去への没入が擬似的にではあるが可能である。没入の精度向上のためには、電磁気的に脳を過去の状態に近づける同期処置が不可欠であるが、この処置により現在の記憶は混濁する。記憶混濁を抑えるために生み出されたのが神経対位法である。これは同期処置によって意識の全体像を過去のそれへと近づけながらも、没入に際して必要なだけの記憶を保存するためのセオリーで、情報の凍結による解凍のふたつの手続きによって完成する。神経対位法の理論においてが果たす役割とは、同期処置によって生じる記憶混濁に際し、没入を遂行するために必要なだけの情報、すなわち神経対位法そのものの内容から没入の目的にいたるまでの詳細を遺漏なく保存し提示することだ。

 

 知りたいのはまさしくそれ、没入の目的なのだ。